読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scalaのビルドツールsbtをさわってみる

Scala

sbt(simple build tool)とは

柔軟かつ強力なビルド定義を支えるScalaのビルドツール。

sbt Reference Manual — 始める sbt



導入

# Homebrewでsbtのインストール
brew install sbt
# 作業ディレクトリ作成 & 移動
mkdir myapp
cd myapp
// ディレクトリ内にMain.scala作成

object Main extends App{
  // コードをここに書く
}
# コンパイル
sbt compile
# 以下のようにディレクトリが生成される

├── Main.scala
└── target
# 以下のような、雛形に合わせた構造にする

├── src
│   ├── main
│   │   └── scala
│   │       └── Main.scala
│   └── test
│       └── scala
└── target

# ディレクトリの作成、scalaファイルの移動を行う
mkdir -p src/main/scala
mkdir -p src/test/scala
mv Main.scala src/main/scala
# ライブラリを使用するための準備
mkdir project
touch project/plugins.sbt
// build.sbt作成

name := "myapp"
scalaVersion := "2.11.8"
# 以下のような構造になる

├── build.sbt
├── project
│   └── plugins.sbt
├── src
│   ├── main
│   │   └── scala
│   └── test
│       └── scala
└── target
# 再度コンパイル
sbt compile
# 以下のような構造になる

├── build.sbt
├── project
│   ├── plugins.sbt
│   ├── project
│   └── target
├── src
│   ├── main
│   │   └── scala
│   └── test
│       └── scala
└── target